So-net無料ブログ作成
検索選択

シェットランド・ヤーンのセーター、お直し。金婚式の贈り物。 [編み物]


 夫のセーター。袖を1度つけましたが、ちょっと細かった。それで肘辺りまで解いて編みなおし。心配でチラシで原寸大の型紙を作って合わせながら編みました。
 ところが今朝、当ててみたら袖丈が長い。測ったのになあ。自分のセーターと違ってどうも感じがつかめていない?よく考えたら身頃丈をいつもより長めにしたので、袖とのバランスが今までと違うみたい。
 手首側を20段ほど差し引きたい。でも肩側はうまくいっているし、もし、下を切って編み出したらゴム編みの方向が違ってくる。う~む。
 では手術といきますか・・・。ブラックジャック愛読者の過去を持つもうふねこです。模様のちょっと下を切って、ゴム編みのちょっと上も切ってメリヤスになるよう針でかがりました。右写真、少し縫合の痕跡がありますが、アイロンなど当てればそのうち消えるでしょう。
 ずいぶん前になりますが、近所の高校生の女の子が、家庭科でマフラーを編んでいて、期日内に完成できるか心配なので見てほしい、と来たことがありました。初めてなのに、縄編みのマフラーを根気よく編んでいました。「その調子!!」と励まし、そしていよいよ完成!!の直前、「あれ、ここ、変かも・・・」なんと1箇所、交差の向きが逆なのです。編み始めて間もない箇所でした。慣れてないから間違いやすいし、気づかないものですよね。
 「よしっ、これは手術だ!」「え!?」「先生にはないしょだよ」
 注意して切って解いて、逆に交差しなおして・・・。あのマフラー、使っているかなあ。

 もうふねこ(小)のねこてによる作品です。テーブルライナーとか窓の飾り棚などにどうでしょう。長かったので「いつ終わるの~!!」と叫びながら織っていました。130cm位あるのかな。測り忘れました。
 ジャコブの毛そのままの色が伝統的工芸品のような渋い味わいになっていると思います。リストウォーマーとともに金婚式(50回目の!!結婚記念日)の贈り物にしました。
 おめでとうございます!!(50のメダルはアイロンビーズ製です)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。