So-net無料ブログ作成
検索選択

英語パターンのときの棒針の号数。 [編み物]

洋書を参考に編むとき、編み針の号数がわかりにくいなあと。ぴったり対応していないし、英、米でも違うらしい。
例えば、1 pair 3.75mm(USA 5)(UK 9)とあります。
以前に日本ヴォーグ社の『毛糸だま』で対応表を載せていたのを、切り取って使っていましたが、なくしてしまいなんとかならないかと考えてみました。
すると日本の棒針は0.3mmずつ変わっていき、3号=3mmを基準として覚えるとわかりやすいことに気づきました。だから、3.75mmなら、3号プラス二段階くらいで5号針よりちょっと太いらしい、と判断つきます。
洋書をぱらぱら見て、気になる作品の使用糸、針をさっとチェックできます。
もうとっくに知られていることかもしれませんが。
ちなみに13号針は3+0.3×10=6mm。で、こちらも基準になります。かぎ針は号針もmmも書いてあって便利ですよね。
1434346506127.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。