So-net無料ブログ作成

きらきらで普通のセーター&レゴおじさんの冒険!! [編み物]



前身ごろはメイド・イン・イタリーの青きらきら金きらきらつきのモヘアなんですけど、地味になったなー。おばさんニットにならないように細身で編みました。象牙色がかなり明るくて顔色良く見せます。余りでネックウォーマーを編もうかな。半分くらいモヘアで半分化繊いろいろ。



我が家のレゴおじさんの冒険は続く・・・。この後どうなったのでしょう。怖いぞ。

モヘアの糸と普通の糸と。 [編み物]

セーター2つを平行して編んでいる。1つはキラキラが入ったモヘアで、前に使って、後ろや袖は普通の糸。縦にゲージ差があるので、はぎあわせで注意。もう1つはピンク、水色、黄緑、オレンジが入り混じったモヘア。足りるだけ編んで袖口、襟だけ別糸にする計画。

デビー・ブリスの本などで、何段編むかより何センチ編むかを書いてあってゲージを気楽に受け止めれていいなと思う。

モヘアは指定の針の号数がふわふわ分大きい。だから手加減によってずいぶん違ってくる。

本当に初心者の頃は、本の通りに編もうとしても手加減が合わなくて投げ出したことが多かったし、慣れてくると、本の通りに編みあがってもいざ着てみたら自分に合わなくてがっかりした。日本ヴォーグ社やユーキャンの通信講座を受けてみてわかったのは、自分に似合うかっこいいセーターを編むには編み方や製図の技術とは別のバランス感覚が要るということみたい。

細かいところにあまりとらわれずに見た感じの素敵さや全体のバランスを重視して編むほうがうまくいくかな。自分の場合。



段染め糸で裏メリヤスの味わいを生かしたかったセーター。紳士物。

★編み物メモ・・・裾から編むとき、作り目であまり糸端を残さない。とじ糸は他の糸でも代用できる。あと少しのところで糸がなくなると悲しいから。裾のゴム編みの分くらい最低でもとじれるくらい残せばいいと思う。


手塚治虫伝説の本 [編み物]

漫画クラブか将棋クラブか迷い続けの息子に、『手塚先生、締め切りすぎてます!』(集英社新書)という本を買ってきた。アシスタント、編集担当、後に手塚プロに入った福元一義さんの本で、間近からの手塚エピソードが淡々と書かれている。

日本橋丸善で開かれていた「漫画家の絵本の会」というくだりで、札幌の三越横に丸善ができて、サイン会があったこととつながった。22年前のこと。

『ブラック・ジャック』ファンだったので、第1巻にサインをもらおうと持参していった。3時からだったと思うが、朝の新聞で見つけて行った学生の自分以外に客はなくて、手塚さんは一人、座っていらした。20巻の著者近影のようなふっくらした方かと思っていたら、初期の頃の写真に似ていらして意外だったが、今思えば体調が思わしくない時期だったのだなあと。

馬場のぼるさんらしき人から「ほら、仕事、仕事!」と声をかけられて、席に着かれたので、早速サインをいただいた。

息子は『ジャングル大帝』や『ロストワールド』を小遣いで買って、宝物にしている。私も白黒で見た『マグマ大使』をまた見てみたい。あの変身が大好きだったので。



1,2玉ずつあったハマナカミュージアムと少しずつの好きな糸を合わせて。やっぱりメリヤス編みが好きだな。暗い油絵みたい。


雪解け [編み物]

昨日は屋根に1メートルはあろうかというツララが下がっていて、息子がやっきになって雪玉を投げ、とろうとしていました。やめーい!壁が白玉模様じゃ。しかたなく窓からとってあげたけど、棒でたたいても折れないくらい太いツララでした。今日は最高気温7度の予報。二階のベッドから誰か落ちた!?というような爆音で雪が落ちていっています。



普通に、シンプルに縄編みのセーター。紳士もの。

★自分へのメモ・・・最初の作り目で1目1目の間隔にゆとりを持たせること。そう書いてある編み物本もちゃんとありますが、そのゆるみがないとゴム編みの裾がつっぱってしまうので、意識して作る。

さらさらの大雪 [編み物]

圧雪の道は久しぶり。1月末は雨続きで、雪が全く姿を消していたものだから。

子供の勉強につきあって、日の長さの影響は2ヵ月後に出る、と知る。

12月の冬至の影響が2月の寒さということらしい。

太陽って遠いのだね。



デビー・ブリスの『THE CELTIC COLLECTION』よりSimple Sweater with Collar

基本の基本みたいなセーター。


節分ですね。寒い日だ~。 [編み物]

今日はメンデルスゾーンの誕生日だとか。好きなピアノ曲だな~と聴いていたら、メンデルスゾーンのピアノソナタ第2番とのことでした。有名なバイオリン協奏曲もヒラリー・ハーンのバイオリンでかかっています。

クラッシック詳しくないけど、ラジオで聴いて、曲名、演奏者をメモ、店頭でも試聴をして選んでいます。だからたくさんおいている店が近くにあったらなあと思います。

演奏者や指揮者と曲の相性がぴったり!という判断も自分の独断だから、実際に聴かないと買って失敗となってしまって。今はキーシン演奏のベートーベンのピアノソナタほしいな~と思っています。ブロンフマンのピアノも探しているけど帰省の時にでも探そう。



『ねこちゃんベスト』しっぽつきという感じです。

2月ですが事始め [編み物]

2010年になって早くも1月が終わってしまいました。
編み物の話、また載せていきたいとおもいます。
1テーマで1冊のノートを使い切るのが苦手な私。
どんどんそれて、雑記帳になってしまうんです。
ノートのとり方、手帳の使い方で様々本が出ていますが、私のような悩みはそれ以前ということかな・・・。
編み物のメモはなんとか綴っています。
メッセージを送る